BRANDIC

Aski Kataski アスキ カタスキ

DESIGNER
牧野勝弘(Katsuhiro MAKINO)。

1977年、千葉県に生まれ。
2000年、文化服装学院を卒業。
翌年、神戸ファッションコンテスト大賞受賞し、副賞として
パリのエコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ
(Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne、通称サンディカ)に留学。
最終学年に在籍し、2002年、同校の卒業ショーで日本人初のグランプリを受賞。
ソニア・リキエル母娘からのオファーを受け、ファーストラインのデザインチームで半年間、
コレクションの布帛とエキスポジション用デザインを担当。
2004 S/S より、「アスキ・カタスキ(Aski Kataski)」というブランド名で、パリにてコレクションを発表している。

concept
ブランド名の由来は、ギリシャ神話の女神アルテミスのベルトに刻まれたお守りの言葉より。
「アスキ(Aski)」は「闇(Darkness)」、「カタスキ(Kataski)」は「光(Light)」を意味する。
着る人のお守りになる様な服を、との願いを込め、古い物の持つ過去の記憶、
手作業の温もりを現代の衣服として表現する事を基本に、蚤の市やブロカントから少しずつ集めた稀少なヴィンテージ、
アンティーク素材を使用。
2008-2009 A/Wより、メンズウェアラインの本格展開を開始。