BRANDIC

Atsuro TAYAMA  アツロウ タヤマ

DESIGNER
田山淳朗(Atsuro TAYAMA)。

1955年、熊本県に生まれる。75年、文化服装学院を卒業。

75年、第44回ハイファッション・ピエール・カルダン賞を受賞。75年、株式会社「ワイズ(Y’s)」に入社。

78年、渡仏し「yohji Europe s.a.r.l」を設立。
82年、株式会社「ワイズ(Y’s)」を退社後、「エム・ティーカンパニー」を設立し、レディース・ブランドの「A.T.」を発表。「A.T.」という名称は当時流行った映画「E.T.」に絡めてみたとのこと。
86年、第10回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。
89年、「A.T. FRANCE S.a.」を設立。90年から95年まで「キャシャレル」のレディースのチーフデザイナーを務める。

91年、「ATSURO TAYAMA」でパリ コレクションに参加。国内では、92年から2004年まで「オゾック(OSOC)」、95年から「インディヴィ(INDIVI)」、96年から「ボイコット(BOYCOTT)」、他「ヴォイスメール(VOICEMAIL)」等のデザインを株式会社「ワールド」にて手がけた。
96年、「A/T」のデザイナーに板倉慶二が就任。
97年、第40回日本ファッション・エディターズ・クラブ賞デザイナー賞受賞。99年、代官山に「A/T」のショップをオープン。
2001年3月より、バッグ専門ブランドの「トランス オン トランス(TRANS on TRANS)」のクリエイティヴ・ディレクターを、同年9月より、「ファイブ(FIVE)」のデザインを手がけた。