BRANDIC

COMME des GARCONS  コムデギャルソン

DESIGNER 
川久保玲(Rei KAWAKUBO)

慶応義塾大学卒業。
69年、「コムデギャルソン」の名で婦人服の製造販売を開始。
ブランド名の由来は「少年のように」の意。
73年、会社設立。
75年、東京コレクション初参加。
78年、「コムデギャルソン オム(COMME des GARCONS HOMME)」をスタート。
81年、パリ プレタポルテ・コレクションにデビュー。以来、専らパリを中心にコレクションを展開。
84年、第1回毎日ファッション大賞を受賞。同年、「コムデギャルソン オムプリュス(COMME des GARCONS HOMME PLUS)」がスタート。86年、パリに「コムデギャルソン オムプリュス」の直営店がオープン。
87年、ビジネススーツラインの「コムデギャルソン オムドゥ(COMME des GARCONS HOMME DEUX)」がスタート。
88年、フランス生産のシャツライン、「コムデギャルソン シャツ(COMME des GARCONS SHIRT)」がスタート。
94年からディフュージョンブランドも海外で販売開始。
99年、「コムデギャルソン オムオム(COMME des GARCONS HOMME HOMME)」がスタート。
「コムデギャルソン オムオム」は 2001-2002 A/W 限りで終了。
山本耀司(Yohji YAMAMOTO)とともに、服飾の既成概念を崩した非構築的で斬新な表現手法は、
多くの外国人デザイナーにも大きな影響を与えた。洋の内外を問わず、根強い人気を誇る。
その魔法の手から繰り出される作品群は、デザイナー本人は好まない表現のようだが、まさに「アート」と称するに相応しい。
黒を基調としたそのアイテムは、かつては「黒の衝撃」、「ジャパネスクカジュアル」などと呼ばれ、世界中から注目を浴びた。また、「カラス族」なる流行語も生んだ。
現在、コムデギャルソン、コムデギャルソン オムプリュス、コムデギャルソン オムドゥ、コムデギャルソン シャツ、
ローブドシャンブル・コムデギャルソン(robe de chambre COMME des GARCONS)から
リニューアルしたコムデギャルソン・コムデギャルソン(COMME des GARCONS COMME des GARCONS)のデザインを川久保玲が、
コムデギャルソン オムのデザインを川久保玲と渡辺淳弥(Junya WATANABE)が、
ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARCONS)のデザインを渡辺淳弥が、
トリコ・コムデギャルソン(trict COMME des GARCONS)、
タオ・コムデギャルソン(TAO COMME des GARCONS)のデザインを栗原たお(Tao KURIHARA)が手がけている。
2008年秋、エイチ&エム(H&M)とコラボレート。

COMME DES GARCONS JUNYA WATANABE MAN (コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン)

 Junya Watanabe (渡辺 淳弥)
 1961年福島県生まれ。84年文化服装学院デザイン科を卒業後、コムデギャ
 ルソンに入社。82年「トリコ・コムデギャルソン」のデザイナーとしてキャリア
 をスタートする。92年「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」のチーフデ
 ザイナーに就任し、東京コレクションにデビューする。翌年パリコレクションデ
 ビュー。95年度日本エディターズ・クラブのデザイナー賞を受賞。99年第1
 7回毎日ファッション大賞を受賞。2001年「コム デ ギャルソン・ジュンヤ
 ワタナベ マン」、03年レディスの「コムデ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マ
 ン ピンク」をスタート。