BRANDIC

mina perhonen  ミナ ペルホネン

公式サイト
mina perhonen
http://www.mina-perhonen.jp/

デザイナー 皆川明(Akira Minagawa)

2003年、皆川明がブランド「ミナ ペルホネン」を設立。(95年に設立したブランド「ミナ」を改名)

1967年、東京生れ。ヨーロッパを旅をし、特にフィンランドなど、
北欧のデザインやライフスタイルに興味を持つ。89年、文化服装学院卒業。
95年に自身のファッションブランド「(ミナ」を設立。

ストーリーを感じさせるオリジナルの素材を使用したコレクションが人気となる。
2000年には東京の白金台に直営店をオープン。
2002年には東京・青山スパイラル・ガーデンで展示会、「粒子」展を開催して、好評を博す。

2003年にブランドを「ミナペルホネン:mina perhonen」に改名、それに伴いショップもリニューアルオープンした。
また、同年、フリッツ・ハンセン社とのコラボレーションで、
ミナ ペルホネンの布をまとった家具、エッグチェアとスワンチェアを発表。

2004年、パリコレクションに参加、
2006年には皆川明が毎日ファッション大賞を受賞。
また同年、デンマークのテキスタイルメーカー「KVADRAT(クヴァドラ)」より
皆川明がデザインする生地が発売される。2007年、京都に2店舗めとなる直営店をオープン。

2008S/Sコレクションは「ナチュラル&インダストリアル」がテーマで、
ワンピースにスパッツのスタイルや、モデルが自身の服を切り取ると、
ブランドのアイコン蝶が出てくる(自分だけが持つ服という意味をこめた独特なアイテム)が登場した。
また執筆活動も行い
「皆川明の旅のかけら」(文化出版局)、「ミナ ペルホネンの織り」(文化出版局)などの書籍が出ている。

 
コンセプト
フィンランド語で、「mina」は私、「perhonen」はちょうちょ(蝶々)を意味する