BRANDIC

TOKYO RIPPER  トウキョー リッパー

TOKYO RIPPER  トウキョー リッパー

公式サイト
http://www.ellain.co.jp/

プレス:
PR01. press room 〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-31-15-7A TEL 03.5774.1408 / FAX 03.5774.1409

〒161-0033東京都新宿区下落合4-3-31 タウンハウス下落合#A TEL 03.5996.8226 / FAX 03.5879.7969

コンセプト:
学生時代に学んだ文学・芸術の影響も感じられるテーマをシーズンごとのコンセプトとして打ち立て、それと真摯に向き合った結果生まれるのがTOKYO RIPPERの洋服です。また、本来コレクションとは洋服を発表するための手段ですが、TOKYO RIPPERにおいてはコレクションそのものが目的であり、洋服はそのための手段、構成要素の一つに過ぎません。つまり、洋服と洋服の存在する空間(=コレクション)全体で、初めてひとつの作品・ひとつの物語としての意味を持つと考えています。

エコロジー:
我々は生きていく上で、地球に、自分より弱いものに、無意識の内にダメージを与えており、現在の社会システム下では避けて通る事はできません。その中で、少しでも自分達の力で還元できることはないかと考え、エコロジー・リサイクルを意識したブランド運営を心がけています。小さな組織のため、身の回りの狭い範囲での活動ではありますが、そこからお客様に考えるキッカケを掴んでいただければと思います。2006年、渋谷で4ヶ月間の期間限定営業したオンリーショップでは、店舗の内・外装に廃材の利用、古着のリサイクルキャンペーン企画、エコ地域通貨への加入など、エコロジー&リサイクルをコンセプトとして展開しました。

略歴:
2002.10 2003 S/S COLLECTION “PUBLICATION, IMAGENATION”で東京コレクションデビュー
2003.04 2003-2004 A/W COLLECTION “futon”
2003.11 2004 S/S COLLECTION “Some dresses seen over the glasses”(眼鏡越しに見えるドレス)
2004.04 2004-2005 A/W COLLECTION “THE WIND AND THE SUN”(北風と太陽)
2004.11 2005 S/S COLLECTION “GARDENING”~フレーミングされた自然~
2005.03 2005 – 2006 A/W EXHIBITION “rewrite”
2005.07 有限会社エレイン設立
2005.11 2006 S/S COLLECTION “Quiet waves sweep the name written on the sand”(砂に書いた名前をさらう静かな波)
2006.03 2006 – 2007 A/W EXHIBITION “The birthday presents I didn’t know which to give to her.”
2006.04 渋谷に4ヶ月間の期間限定ショップオープン
2006.10 2007 S/S EXHIBITION “I tap the pocket.biscuits…”(ポケットを叩くとビスケットが…)
2007.03 2007 – 2008 A/W EXHIBITION “the reminder of her warmth”(彼女の温もりの跡)
2007.03 渋谷パルコに2週間の期間限定ショップ“portrait of a cloud”オープン
2007.10 2008 S/S COLLECTION “a dress with a balloon carrying flower seeds”(花の種を運ぶ風船のついた服)
2008.03 2008 – 2009 A/W COLLECTION “clothes with a shadow”
2008.04 ”SIDEWAYS A Smart Art Project” 自動車メーカーダイムラーがエコロジーをテーマに世界のクリエイター100組を選出。その作品を収録したアートブック”SIDEWAYS”を発売。リメイクラインをモチーフとした作品を提供。

 

Hideaki Sato

Born in Kiryu, Gunma, in 1979, Hideaki Sato graduated from Literature Department at Waseda University. He made his debut at the ’03 S/S Tokyo Collection. His men’s and women’s collections consist of “Sheep”(Collection line), “Elephant”(Remake line) and “Pigeon”(Shirt line). In 2006, his shop with a concept of “ecology” and “recycle” opened for an only limited time in Jinnan, Shibuya. Moreover, he participated in “campaign of used clothing” and “community currency”.